いちご農場

“果物”というより、“贈り物”です。

“果物”というより、
“贈り物”です。

小さい頃、冷蔵庫の中にいちごがあるだけでワクワクした。
そんな日常をほっこりさせる幸せを、
山元町から、日本、そして世界にまで届けていきたい。
1年以上ずっと見守り続けてきた、究極のいちごで。
小さい頃、
冷蔵庫の中に
いちごがあるだけで
ワクワクした。
そんな日常を
ほっこりさせる幸せを、
山元町から、日本、
そして世界にまで届けていきたい。
1年以上ずっと見守り続けてきた、
究極のいちごで。
Hizenのいちご

「究極」は、覚悟です。

「究極」は、
覚悟です。

水、光、CO₂。
すべての条件が揃わないと、究極のいちごは生まれない。
キレイな井戸水と、たっぷりの太陽の光。
最適量のCO₂をベストタイミングで与えることで
最高の甘さをつくることができる。
気温の変化や害虫対策は、1日たりとも油断できない。
全力で守り抜いた究極のいちごだけが、
頬がゆるむ幸せをつくっていきます。
水、光、CO₂。
すべての条件が揃わないと、
究極のいちごは生まれない。
キレイな井戸水と、
たっぷりの太陽の光。
最適量のCO₂を
ベストタイミングで与えることで
最高の甘さをつくることができる。
気温の変化や害虫対策は、
1日たりとも油断できない。
全力で守り抜いた
究極のいちごだけが、
頬がゆるむ幸せを
つくっていきます。

一粒一粒の旬の味わい、豊かな香り、潤ったツヤ感。

一粒一粒の旬の味わい、
豊かな香り、潤ったツヤ感。

私たちは「とちおとめ」に魅せられたいちご屋さんです。気難しく、急に甘くなくなったり、実を出さなくなったり、突然生育が旺盛になって、果実の形を乱したり、果実が巨大化したり。こんな思春期の娘のような「とちおとめ」を、いかに成熟した女性のように凛々しく清々しく育てられるのか。我が子への愛情にも似た感情を注ぎながら、じっくりと苗に向き合い、栽培をしていきます。

地球という環境の中から、様々な資源をいただき、命をいただくことで感謝の思いを社会に還元していく農業者、生産者として、自分の大切な家族に、子供に、親に、友人に、お世話になった方々に、自信をもって食べさせられる、食べていただける品質のいちごをお客様にご提供すること。これを徹底してやり抜くこと。
正直、直接お会いできないかもしれないお客様の方が多いかと思います。
だからこそ、私たちの安全、安心の根本は、お客様を自分の家族だと思うこと。

この「こころ」が私たちHizenのこだわりであり、思い、考え方なのです。

あなたのもとへ

師匠から技術と心を教え込まれた職人たちが、
心を込めていちごを作り、心を込めてお届けします

師匠から技術と心を、
教え込まれた職人たちが、
心を込めていちごを作り、
心を込めてお届けします

ご注文はいちご農場サイト、
または下記通販サイトにて承っております。
収穫時期目安:12 月上旬~6 月中旬
その他の時期は加工品、冷凍品を
販売しております。
ご注文はいちご農場サイト、
または下記通販サイトにて承っております。
収穫時期目安:12 月上旬~6 月中旬
その他の時期は加工品、冷凍品を
販売しております。
Hizenいちごの一年
Hizenいちごの一年
Hizenいちごの一年

冷凍いちご&冷凍パウンドケーキ試食会(2020年9月14日)

冷凍いちご&冷凍パウンドケーキ試食会
(2020年9月14日)

冷凍いちご&
冷凍パウンドケーキ試食会
(2020年9月14日)

Hizenの加工商品ご紹介&試食会(2021年7月9日)

Hizenの加工商品ご紹介&試食会
(2021年7月9日)

Hizenの
加工商品ご紹介&試食会
(2021年7月9日)

新しいパートナーとしてご検討いただける皆様へ

新しいパートナーとして
ご検討いただける皆様へ

この甘い感動を、もっと広めたい。

この感動を、
もっと広めたい。

「今まで食べてきたいちごと全然ちがう!」 ”究極のいちご”を試食した方は、みなさんそう仰います。 それは、水、光、CO2、徹底した気温管理や害虫対策をとおして 最高の甘さと美味しさを1年以上かけて作り上げてきたから。 そんな“究極のいちご”を お店の新しい目玉商品として、新しいレシピ、イベント、サービスの景品、ご贈答等、 皆様のアイディアでビジネスに活かしてくださるパートナー様を募集しています。 この甘い感動、ぜひ一緒に届けてくださいませんか。
「今まで食べてきたいちごと全然ちがう!」 ”究極のいちご”を試食した方は、みなさんそう仰います。 それは、水、光、CO2、徹底した気温管理や害虫対策をとおして 最高の甘さと美味しさを1年以上かけて作り上げてきたから。 そんな“究極のいちご”を お店の新しい目玉商品として、新しいレシピ、イベント、サービスの景品、ご贈答等、 皆様のアイディアでビジネスに活かしてくださるパートナー様を募集しています。 この甘い感動、ぜひ一緒に届けてくださいませんか。

お客様の声

アップベイカー
統括マネージャー 嶺岸 寿章 様

ご縁あって、2019年シーズン当初から、Hizenいちごを直接仕入れさせていただいておりますが、本当に甘くて美味しくて、お客様からもご好評をいただいております。積極的にご提案をいただけて有難いと思っております。いちごは季節的なもので、パンとの相性もとっても良く、今シーズンからは、究極のいちごを使って、フルーツサンドを作る予定です。
自分たちだけで直接できることは限られており、こだわって作られているいちごを、与えられた食材でどう美味しく作るのか、が私たちパン作りのこだわりです。
店頭では、Hizenさんのいちごの販売もしておりますし、定期的に、有機農家のこだわり野菜等もマルシェスタイルで販売しています。
今後も地域に根ざし、お客様に喜ばれるパンづくりとコミュニティづくりを発信していきたいと思います。

須藤商店(八百屋)
店長 須藤 恭子様

須藤商店は、2019年8月にリニューアルオープンしました。鮮度の良い野菜や果物を探しており、ほぼ同時期にいちご事業をスタートしたHizenさんと知り合うことが出来ました。 Hizenいちごは、瑞々しさと色艶が良く、ヘタの近くまでしっかりと味の濃さ、甘さがあるいちごなので、即採用させていただきました。値段は正直他の市場の買い付け商品よりも高いですが、やはりご購入されるお客様は、美味しいものを探し求めておられるので、一度購入されると必ずといって良い程「このいちごを食べたら、他が食べられないわ」とリピーターになってくれるHIT商品です。

仙台国際ホテル株式会社
シェフ・パティシエ 土屋 貴幸 様

一般のスーパーや市場で購入するいちごは、11月下旬頃からの初物は、酸味が強すぎるものが多いですが、Hizenいちごは、甘さが先にきて、その甘さが強く残った中で、香りが高くとても美味しい味です。
今シーズンから、ホテルメイドのショートケーキ用に使わせていただきますが、箱を開けたら、いちご独特の甘い香りが広がって、味も香りも見た目も楽しんでいただけると思います。
やはり完熟ギリギリまで我慢して待ったからこその甘さは、全然違いますね。 昨年より、地域の生産者さんを応援したいとの思いから、Hizenさんのいちごを冷凍加工しております。
パティシエメンバーでいちごのヘタを取り、瞬間冷凍し、真空パックでご提供させていただいております。 2020年は、仙台カフェ・パティシエ&調理専門学校様との企業プロジェクトで学生たちが考えた、 冷凍いちごを使ったレシピを来年から商品化する予定なので、そちらも楽しみですね。

フランス料理 レストラン・シェヌー(ミシュランガイド掲載店)
オーナーシェフ 赤間 善久様
スーシェフ   赤間 善太様

"レストラン"の語源には「元気を回復する」という意味があり、"シェヌー"は「我が家」を意味します。私たちは、食材探しにこだわりをもっています。
Hizenいちごは、味と色がずっと安定していて、ジューシーで、ちょうど探し求めていたいちごです。 昨シーズンから使わせていただいておりますが、形も良く、タルトにちょうど出しやすい小ぶり感も良いですね。
今までは、市場やお店で直接買いつけをしていましたが、やはり味や色にバラつきがあって、こうして、直接生産者の方と繋がり、安定供給いただけて、希望の商品や粒の大きさを指定できるのも有難いですね。初夏の頃は、ソルベにして出してみようかと考えています。
今後の展開も楽しみにしております。

「お客様の声 〜初物いちごを味見〜」
「お客様の声〜初物いちごを味見〜」
「お客様の声
〜初物いちごを味見〜」