医療モール運営「地域に根ざした「快復」「安心」「信頼」「和み」の医療モールづくりを目指して」

Hizenが運営する医療モール

開業を希望される先生方の夢と希望をカタチにできるよう、専門業者と私たちが安全面を第一に考え、開院までの不安を払拭しながら、夢の実現のお手伝いをいたします。

地域の皆様から親しまれるメディカルセンターとして、地域ネットワークを大切にしながら、入居されているクリニック・薬局の皆様、訪れる患者様、周辺地域の方たちが快適に、安心してお過ごしいただけるよう、日常からの清潔な環境づくりと、建物や設備の維持管理に努めております。

医療従事者の皆様には開院後、安心して医療に集中できるよう施設管理を整えながら、より質の高い環境づくりを目指しております。
また、緊急時、トラブル対応にも迅速に対応しながら、いち早い安全な環境づくり、復旧に努めております。

  • 写真:清掃員との会話

    患者様が安心して快適に過ごせる清潔な環境づくりに努めております。

  • 写真:警備員の見回り風景

    365日24時間、安心、安全な環境をフルサポートいたします。

目指す医療モール運営とは

1. 安全
24時間365日の警備体制、各設備の保守点検実施
2. 快適
温かい癒しの空間づくり
(絵画・アートフラワー・照明、庭園づくり)
3. 清潔さ
衛生面に気を配った日常清掃、定期清掃等
4. 迅速な対応
緊急トラブルに応じた専門業者・医療従事者との連携対応
5. 地域に根ざしたサービス
近隣クリニック、病院との地域連携・地域イベントの支援等
  • 安全で快適で清潔さを保ち、あらゆることに迅速に対応し、地域との連携をはかる医療モールを目指しています。

大和町メディカルセンター

写真:大和町メディカルセンター

震災後に、大和町に地域密着した医療を目指す『大和町メディカルセンター』(複合医療モール)が誕生し、内科、脳外科、整形外科、小児科、婦人科の5科と調剤薬局を併設し、高齢者から乳幼児までの診療を受け付けています。健康を願う患者様が、各科連携されている信頼できるDRのもと安心して通っていただけるものと思います。

大和町メディカルセンターのホームページへ

入居ドクターへインタビュー

1F しばた整形外科 柴田常博 院長

写真:柴田常博 院長

ここで開業した経緯を教えてください。
私自身、この地が地元であるということと、震災後の被災した地域への恩返しをしたい、という強い想いがありまして、待ち望んでくれた方もいたので、こちらに開業したというかたちです。
ここで開業して良かった点を教えてください。
私としてはここが地元なので、小さなころからお世話になっている人たちに喜んでいただいていることですね。とてもやりがいがあります。
クリニックとしてはモール内の各科との連携が取れているので、「ここに来てくれれば、どんな病気でも対応できる」というのも大きいです。単科で開業するより他の診療科と連携できるのが良い点ですね。
最大のメリットは管理会社に環境を整えてもらっている点です。
この医療モールは管理会社がとりまとめ役として防災・警備などの安全、掃除、駐車場の管理などもしっかりと管理・運営をしており、安心して診察に集中できる点が大変満足しています。
  • 開業希望の先生へ

    一人でクリニックを経営するにしても、思った以上に環境トラブル・メンテナンスや広報宣伝など、意外と医療以外のことに取られてしまう時間が多いことはご存知でしょうか?
    日常管理から緊急対応まで、各業者との対応についてはベテランスタッフが最後まで責任をもって皆様と相談をしながら対応いたしますので、安心して医療に従事していただけます。

  • 地域への医療モール誘致をお考えの方へ

    医療モールを運営することは各クリニックの職員の皆様と一緒に患者様目線で同じ志で環境を整えていくことです。
    何か私どもでお手伝いできることがありましたら、どうぞご遠慮なくお声がけくださいませ。